浴室クリーニング

浴室の汚れにはさまざまな種類があり、ハウスクリーニングする際に熟練した技術が必要である。

汚れの種類としては
①カビ汚れ
②石鹸カスの汚れ
③皮脂汚れ
④カルキ汚れ

の4種類が主なものであろう。
汚れの種類により使う洗剤が異なり、いくつかの作業工程が必用である。

①カビ汚れ:漂白系の洗剤(カビキラー、ピア)
②石鹸カス:酸性洗剤またはアルカリ洗剤
③皮脂汚れ:アルカリ洗剤
④カルキ汚れ:酸性洗剤、研磨剤

実際にはこれらが複合的にこびりついているので汚れ具合に合った洗剤を使っていく。
お風呂1
(お風呂作業前)
カビや石鹸カスが混ざりあって汚れているのがわかる
お風呂2
( お風呂作業後)
床は水はけを良くするために細かい溝がありますが、ブラシを使って丁寧に落としました。

コメント


認証コード7877

コメントは管理者の承認後に表示されます。