壁クロスクリーニングの方法

壁クロス1

(壁クロスに何かでこすったような痕)

壁クロスに何かで擦ったような痕がある場合、メラミンスポンジを使うとよく落ちます。

メラミンスポンジに水を含ませて軽くこすると落ちます。

油の跳ねた汚れはマジックリンなどの油汚れ用の洗剤をスプレーした後メラミンスポンジで落とします。

壁クロスもいろいろな素材のものが使われていて、クリーニングできるのはビニールクロスのときだけです。

紙や布で出来たクロスもありますが、普通はビニールのクロスが使われています。
壁クロス2
(メラミンスポンジで落とした後)

賃貸マンション、アパートを借りていて引越しする際はクロスの汚れを落としたほうがいいです。

敷金の清算の際、クロスの汚れがあるとクロス張替え代として金額を引かれてしまいます。

コメント


認証コード1864

コメントは管理者の承認後に表示されます。